回転式書架は、本の収容冊数に悩む図書館向けに開発した製品です。本を収納すると重量が大きくなるため、上下段が独立して回転する設計とし、お子様でも気軽に扱えるよう配慮しています。

また、側板をアクリルで制作しているため、本の表紙を段ごとにディスプレイすることが可能です。長きに渡り、様々な図書館で愛用されています。

・図書館総合展での展示

2018年の図書館総合展にもこの回転式書架を出展していました。ご覧になった方も多いのではないでしょうか。

定価が10万円未満なのも、魅力です。材料は摩擦に強いメラミン系の仕上げなので、長く活躍すること間違いなし!

https://www.kibundo.co.jp/catalog/digital/html5.html#page=185

(カタログページへ)